惑わされるな!相続対策の相談をする際の弁護士や司法書士の選び方

相続専門家

こんにちは。司法書士の甲斐です。

ところで、司法書士と言えば、

・相続による不動産の相続手続き(相続登記)
・預貯金等、その他遺産の相続手続き
・遺言書原案作成
・成年後見の申立書作成
・家族信託
等々、相続手続きや相続対策に関連する様々な仕事を行っています。
(別に相続関連だけではないのですが。)

ただし、相続の事を仕事にしているのは何も司法書士だけではなく、弁護士や行政書士や税理士だって仕事にしています。

インターネットで少し検索すると、まぁすごい数の相続専門家が表示されますね。

相談者側から見れば選びたい放題の状態ですが、これ、正直困りますよね?

一体、誰に相談すれば良いんだ??

このようにお困りなあなたに対して、今回は相続の相談を行いたい場合の弁護士、司法書士等の相続専門家の選び方のポイントをお伝えしていきます。

1.業界団体の紹介は期待しない方が良い

・・・こんな事書いて、絶対怒られますよ。

覚悟の上です!(嘘)後で謝っておきます。

専門家に相談したい場合、真っ先に思いつくのが各業界団体からの紹介だと思います。

各県の司法書士会や弁護士会ですね。

この業界団体の紹介ですが、正直なところ期待しない方が良いです。

と言うのも、業界団体の性質上、公平性が求められますので、特定の専門家を紹介すると言うわけにはいかないんです。

その為、あなたのお近くの専門家を何人かランダムに案内してくるはずです。

はい。ランダムなんです。

つまり、その専門家の得意領域とかあなたの性格に合いそうな専門家とか、そう言う視点ではなく、ランダムに紹介してきます。

その中で、たまたまあなたと合う専門家がいれば良いのですが、正直な所それは運任せになるでしょう。

2.相続を専門としているか?

弁護士や司法書士のような士業であっても、その全員が相続対策が出来るわけではありません。

弁護士でも民事事件を多く取扱い、相続事件をほとんど取り扱っていない人もいます。

司法書士でも不動産取引しか行わず、相続と言えば相続登記しか出来ない人がいます。

本当の意味の相続対策には、少なくとも一般的な知識として、

・相続に関する法律。
・不動産に関する法律。
・相続税に関する事。
・生命保険に関する事。
・相続に関する信託銀行の商品、等。
が必要になってきます。
 

 

少なくとも、このような複数の視点で考える事ができる専門家に相談するようにしましょう。
 
なお、
 

何でもやります!どのような事でもご相談下さい!!

と言っている人への相談は避けた方が良いでしょう。

何でもやります=「結局は何も出来ない」の裏返しで、中途半端なアドバイスで終了する事がほとんどでしょう。

3.専門家のWebサイトの見方

相続対策の専門家を探す場合、インターネットを利用する事がほとんどだと思いますが、専門家のWebサイトの見方、注意点をお話しします。

① 学歴自慢や職歴自慢はNGと思え

プロフィール欄にやたらと

「〇〇大学卒」とか、

「〇〇会社で〇〇と言う難しい仕事を行い、実績は〇〇」

と言ったように書きまくり、自慢しているケースです。

少しぐらいであれば権威づけで良いのかもしれませんが、それが度を過ぎますと、

オレってすごいだろ??

と言う、承認欲求の塊の可能性があるからです。

そのような者に、まともに相続対策コンサルが出来るとは思えませんよね?

② プロフィールから人柄が見えるか?

専門家の人柄は相談者が相談先を決める重要なポイントです。

そりゃそうですよね?

相談者と専門家の相性と言うのがありますので、事前に専門家の人柄が分かれば相談しやすいでしょう。

その事をしっかりと理解している専門家は、自分の考え等をしっかりとプロフィールに反映させているハズです。

そのような専門家は、常に視点が「相談者(依頼者)」なので、相談しやすいと言えるでしょう。

③ 広告は信用できない

広告はお金さえあればいくらでも出す事ができます。

その為、広告だけで判断するのは危険でしょう(当然と言えば当然ですが)。

④ 「メディアに取材されました!」は一番ヤバイ

「〇〇と言うメディア(誰も知らないメディア)に取材されました!」

と自信満々に語る専門家がいるのですが、実はこれが一番要注意です。

これ、ほとんどのケースで、「取材商法」と呼ばれる手口(?)が使われているんです。

取材商法って何かと言いますと、

・一般の書店にはあまり流通しない雑誌で、
・(落ち目の)芸能人との対談が企画されるのですが、
・何故か取材される側がその芸能人のギャラを支払う。

と言う内容なんです。つまり、

取材でも何でもなく、お金さえ払えば誰でもその雑誌に掲載される、単なる広告じゃん!!!

って事です。

まぁ、Webサイトを見た人を騙しているようなもんです。

この専門家、メディアに取材されるような専門家なんだ。きっとすごい人に違いない!!!

と思う人は思うでしょう。

でも、その本質は取材ではなく、単なる広告なんです。

だから、このような騙しのテクニックを使う専門家は要注意です。

(ちなみに、私の同期にもこの取材商法を利用している人がいます・・・。)

4.まとめ

以上、ザックリとまとめてみましたが、ポイントは、

その専門家の考え方が、相談者やWebサイト閲覧者と言った、第三者の視点になっているか?

と言う点です。

常に客観的に物事を考える事ができる専門家であれば、信用する事ができる専門家と言えるでしょう。

 

【当ブログでは、相続対策や家族信託について分かりやすく解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

このブログの執筆者
司法書士甲斐智也

横浜市泉区の心理カウンセラーの資格も持つ司法書士です。法律・老後資金・感情等多角的な視点から、自分らしい人生を送る為の認知症対策、相続対策をご提案します。元俳優/福岡県北九州市出身/梅ヶ枝餅、かしわめし弁当が大好き/趣味は講談/

フォローする
当事務所では相続対策や認知症対策(家族信託等)の相談会を行っております。初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
相続専門家
スポンサーリンク
フォローする
カッコいい大人の相続対策
タイトルとURLをコピーしました